iPad & NapCatでGitHubのコードを楽々コードリーディング

Published at:
31st Jan 2017
Categorised at:

数年前に、iPad & Textasticで楽々コードリーディングという記事を書いたことがありました。

以来、時間を持て余している時にはTextastricを開いてコードリーディングに勤しんでいたわけですが、だんだんと自分のダメなところが顕在化し。。Textastricの場合、参考にするソースコードをTextastricに保存するプロセスがめんどくさいんですよね。おかげでiPad内に保存されたコードは古いままになりがちで、結果的にコードリーディングという行為に対するモチベーションも低下気味でした。

もう、GitHubから直接Textrastricにダウンロードできたらいいのに!もしくはiOSのGitHubクライアントで何か似たようなことができるものがあればいいのに!

と思っていろいろと探してみたら、あるもんですね、おあつらえ向きのツールが。

それがこのNapCatというアプリです。

以下、アプリの説明から引用

Reading and exploring source code should be enjoyable and not limited to Desktop. NapCat is a different GitHub client which let you download your most used or favorite GitHub projects for offline reading.

うん、これぞまさに僕が求めていたものじゃないですか。

使い方はかなり簡単で、NapCatからGitHubにログインすると自分がスターしたリポジトリを表示できるので、あとはそのリポジトリをローカルにダウンロードするだけ。コードリーディングに特化しているツールなので変なところを編集してしまったり、うっかりコミットしてしまったりする心配もありません。

ちなみに、このアプリは基本無料ですがアプリ内課金でアップグレードするとカラーテーマの変更ができるってことで僕は即アップグレードをかけました。暗めのテーマにすれば寝る前に電気を消した状態でもそこまで眩しくないですし。

アプリの更新がそこまで頻繁じゃないのが若干心配ですが、まぁ、現状で普通に動いているので細かいことは気にしない。

実際、ここ2,3週くらいは気になったJSライブラリの実装方法や、package.jsonなどを眺めるようにしていたのですが、勉強になることが本当にたくさん。早くも進行中のプロジェクトにも活かすことができたケースもありました。これを習慣として身につけられたら僕のスキルレベルもかなり上がりそうな気がしています。