iPad & Textasticで楽々コードリーディング

Published at:
25th Jul 2012
Categorised at:
, ,

プログラミングの実力向上のためにはもっと積極的にコードリーディングをしたいなぁとか考えていたのですが、なんだかんだでコードリーディングっていざ始めるまでがかなり面倒なんですよね。いざ机に座り、PCを取り出し、IDEを起動しとかやるのかと考えると、なかなか実行に移しづらく…。

そこで、習慣を作り出すには心理障壁を取り除くことが第一!ってことで、ベッドの上なんかでゴロゴロしながらでもコードリーディングができるように、コードリーディングに活用できそうなiPadアプリを探してみました。

で、見つけてきたおあつらえ向きのアプリがこのTextastic

本来はコーディングからFTPへのアップロードまでワンストップでできてしまう、iPadアプリとしては最強のWeb向けIDEなんですが、この機能群はそのままコードリーディングにもバッチリ使えそうです。

気に入ったポイントは以下

  • Read Onlyモード
    これをオンにするとファイルの編集ができなくなり、ソフトキーボードが表示されることもなくなるので、指でのスクロールがスムーズに。
  • 多数のシンタックス対応&カラーテーマ
    オフィシャルサイトによると、ハイライト対応しているシンタックスはなんと80種類以上!実際に試してみたところ、ActionScriptは若干微妙でしたが、JavaScript&PHPはかなりいい感じ。しかも黒背景のテーマがあるのでので目にもやさしく。
  • Dropbox連携
    実際にコードリーディングしたいファイルをどうやって読み込むのかというと、HTTPから直接表示したり、FTPからダウンロードしたりと色々な選択肢があるのですが、ドロップボックスと連動できるのがかなりありがたい。もちろん全てのデータはiPadのローカルディスクに保存できます。iPadのWebオーサリングアプリとしては最近Diet Codaもリリースされましたけど、あれはサーバーと繋げていないと何も出来ないようで、ネット環境がない場所だと不便なんですよねぇ。
  • 超速動作
    僕が使っているのはiPad2ですが、9000行以上もあるjQueryのソースをフルに読み込んでもヌルヌルスクロールできてます。

というわけで、僕はこれにjQueryやらFuelPHPやらを詰め込んで、時間のあるときにサラッと目を通すようにしています。いやぁ、頭のいい人の書いたコードは読みやすい。たくさん読んでたくさん書いていれば、いつか僕もこんなふうに美しいコードを書けるようになれるでしょうか。